img_02

インプラント治療は治療費が高い

インプラント治療は治療費が高いことで知られていますが、高いなりの理由があります。


その理由には大別して、「審美性が高い」「手術が必要」という2つがあります。

まず、インプラントは、なくした歯の欠損を補うための治療としては、最も高い審美性が得られる治療です。
見た目、使用感ともに自分の天然歯と同じように使用できるというのが特徴となっています。
しかし、それ故に審美歯科扱いとなり、審美歯科は原則保険適用ができない自由診療になるため、治療費が全て自己負担になります。

保険を使った治療ができないということが、治療費が高くなる理由に繋がります。

そして、最も高い技術力を必要とする治療でもあります。
“骨に穴を開けて”人工歯根(インプラント)を差し込み、人工歯を装着しますので、手術が必要となります。
雑菌が入らない完全無菌室で、治療にかかった道具は全て使い捨て、その上で手術なのでコストが高くついてしまうのは仕方がありません。

インプラント1本の埋め込みにつき相場は約35万円です。

確かに高額ですが、治療が成功して、きちんとメンテナンスや自己ケアをしていくことによって、長く使い続けることができる人工歯となります。

実際に、インプラントの生存率は治療から10年経過しても98%が問題なく使用できているといいますし、試用期間の最高例では40年以上です。


半永久的、もしくは永久的な治療としてみれば、それだけの費用をかける理由は充分にあるでしょう。

http://www.implant.ac/cost/
http://www.implant.ac/
http://www.keiwa-kai.com/